最新の投稿
薬を飲む男性

ヘルペスとは、ヘルペスウイルスという細菌で引き起こされる症状です。湿疹や赤い斑点のようなものがでてくるのが特徴で、通常は口唇ヘルペスという口の周りに生じる現象が一般的です。ただ、ヘルペスウイルスには一般的に知られている分類だと2つの種類がありますので、それぞれの症状に対して予防や治療を行うことが非常に大切になります。

ヘルペスウイルスは、単純ヘルペスと帯状疱疹ウイルスの2つに分けられることが多いです。それぞれのウイルスに感染すると、口唇ヘルペスや水ぼうそうの状態になります。病気の原因はこれらに違いありませんが、実はウイルスそのものは体内に存在していて何もしない潜伏期間が長いという特徴も存在します。

口唇ウイルスなどの症状が表にでてきてしまうのは、人間の抵抗力が弱くなってしまうからです。つまり、ウイルスに感染したとしてもすぐに発症する病気ではありません。例えば、ヘルペスウイルスに感染したとしても、そのときの健康状態が良好であるのならば症状は表にはでて来ず、そのまま治療を行う必要性もない状況が続きます。これは、体の中に存在している免疫細胞がそれらの症状を抑えてくれるからです。

免疫細胞は、人間にとって非常に重要な機能であり、これに問題が生じるとそれまでは問題なかった健康状態に支障が生じる機会が多くなります。例えば、同じようにヘルペスウイルスに感染したとしても、身体的な免疫機能が良好な人はそうではない人と比較して症状が表にでやすい傾向があります。これは、ウイルスに対抗するだけの力が体に存在しないからです。ですから、直接的な病気の原因はウイルスに違いありませんが、間接的には免疫力も関わっています。

特に、単純ヘルペスの場合はこの傾向が非常に強く、健康的な状態を保ち続けることで実は病気への対策を行うことができるという側面があります。ただ、帯状疱疹ウイルスに関しては別で病気の治療をきちんと行わなくてはいけません。感染力が強く、一度発症すると身体的に生じる苦痛が大きいため、放置していると大きなトラブルに発展する可能性もあります。

基本的に、予防法や治療法が確立している病気であるため時間のない人でも自力で症状を抑えることはできます。特に、個人輸入を利用すれば病院でしか手に入らない抗ウイルス薬なども低価で購入できるようになります。時間がない人でも通院せずに治療を進められるため、その点は心配のない病気です。